このサイトのメインメニュー

当院の特徴 Feature of this clinic

ホームから現在のページまでの階層

トップページ 当院の特徴

東京都目黒区にある整形外科内科病院です。
整形外科、スポーツ整形外科、内科に診療、訪問リハビリテーションを行っております。

理事長ご挨拶 The chief director's greeting

予防医学。それは健康な身体を自分でつくること、いつまでも元気に暮らせる”体づくり”をお手伝いします

よく「人間は二本足で歩くから腰が痛くなる」といわれます。
しかし、人間の身体は立って歩くようにつくられているため、歩くことが少ない現代社会ではそれが腰痛の原因となることが多々あります。

特に中高年の方は、歩かなくなる、つまり運動量が減少すると、身体が運動不足の生活に馴染んでしまい身体全体の活力が低下していき、生活習慣病のリスクも高くなります。

近年、糖尿病・高血圧をはじめとする生活習慣病や腰痛・肩こり、関節痛を主とするリウマチ性疾患などが増加しています。

また、慣れない運動による骨折や捻挫、肉離れといったスポーツ外傷も多くなっています。

そこで当院では、予防医学という観点から運動療法を積極的に取り入れて、『病気の治療』と『健康増進』に取り組んでいます。

いくつになっても好きなスポーツや趣味が楽しめるような”からだ作り”をサポートすることを医療理念に、皆様の少しでも早い健康回復のお手伝いをして参ります。

信岡史将

このページの先頭へ

リハビリテーション施設 Rehabilitation facilities

当院では、国家資格を有した専任の理学療法士による運動療法を積極的に行っております。
同時に家庭でのリハビリテーションの指導や治療効果の判定などもマンツーマンで行っており、しっかりとした治療計画のもと患者様ひとりひとりがより自立した生活を送れるように実生活に即した理学療法を心がけております。

施設基準
運動器リハビリテーション
理学療法士
常勤5名、非常勤1名
リハビリ室
約50坪

このページの先頭へ

当院の特徴 Feature of this clinic

理学療法士とは障害などによって、日常生活に支障をきたしている人に対し、その基本動作を行う能力の回復と維持、さらには障害の悪化を予防するための運動療法や日常生活動作訓練を行う職種のことです。
実際には、関節可動域訓練や筋力強化訓練、歩行訓練など残存機能の強化を主に行っております。

その実際の訓練に関してですが、障害に対して、その部位のみを見て治療が行われる傾向があります。しかし、全身は常に一体で活動しており、互いに影響しています。
例えば、右の股関節の障害のために左膝の変形や疼痛が生じていたり、腰の痛みが前面に出てくるとこもあります。総合的に評価、治療する必要があるのです。また、関節が硬くなり、筋力が低下している状態で痛みが出てきたとき、痛みをとっていくのみでなく、関節をやわらかくし、徐々に筋力を上げていくようにすることが大切です。それらを踏まえたうえで、ひとりひとりにとって最高の運動療法を選択しております。

外来の患者様のリハビリにも対応しています

大きな病院で手術を受け、退院した後にもリハビリテーションが必要なことがありますが、大きな病院はほとんどのところで外来リハビリは行われておりません。
当院では、そのような患者様に対しても、術後の状態に応じたリハビリテーションを行っております。

このページの先頭へ

このサイトのサブメニュー

通院しながらのリハビリテーションを受けることが困難な方には、リハビリの専門家がご自宅に訪問してリハビリテーションを行います。

訪問リハビリ申込書 03-3725-3788までFAXしてください

Get ADOBE READER

PDF形式のお申込書を利用するには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です。パソコンにインストールされていない方は上のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Dr. ノブの健康増進Q&A